大阪俳句史研究会総会へ行ってきました。

  • 2012.07.05 Thursday
  • 22:19
【新谷・記】 



6月30日、恒例の大阪俳句史研究会(句史研)総会と講演会に行って来

ました。

 

総会と夜の親睦会は小寺さんの名司会。小寺さんは持ち前の明るさと温

かい気配りで、楽しい雰囲気をさらに盛り上げてくださいました。

 

総会では、昨年お亡くなりになった句史研の元顧問、安達しげをさんや羽田

岳水さんら物故者への1分間の黙禱もあり、私は特に親しくしてくださった安

達しげをさんの面影をしのびました。

 

講演は、坪内稔典さんと宇多喜代子さんの対談の形で、「俳句史研究会創

刊の頃」がテーマ。1986年に発刊された「俳句史研究第1号」の目次を見

ながら、創刊当時評議員だった宇多さんや坪内さん、そして彼らをとりまく

実にユニークな俳人たちの話に花が咲き、とても興味深いものでした。

 

28年前の会発足の頃の熱気ある息吹も伝わり、宇多さんや坪内さんたち

がいかにこの会を盛り上げ奔走されたか、当時の思い入れの深さを感じま

した。

 

そして、私たち「京大俳句を読む会」のメンバーの思いにも、程度の差こそ

あれ通じるもの、学ぶべきものがあると痛感しました。

 

創刊当時、彼らが話題にしていたことは常に、「今、私たちがしなければな

らないことは何か?」ということだったそうです。そして、いつも「手弁当」であ

ったこと。(これは今も伝統になっているみたいですが^_^;

 

そして、さらに大きな誇るべき伝統は、1985年の発足当初から、この会

は会員のほとんどが俳句の実作者であるにもかかわらず、実作上の主義

主張を越えていつも一つの目的(俳人の人物像、エピソード、俳句以外の

経歴等、句集等ではほとんど知られることがないことを調査・研究して後世

に残そうとすること)に向かって運営し続けてきたこと。これは関東では到

底ありえない画期的なことだともおっしゃっていました。

 

当時顧問を務めた名立たる俳人(阿波野青畝・五十嵐播水・下村非文・

永田耕衣・橋寮弌山口誓子他)はいずれも故人となられたが、宇多さん

自ら、それぞれの先生のご自宅へ顧問のお願いに出向かれた時のエピ

ソードは実に面白く、貴重なお話ばかりでした

 

さらに、故人となられた評議員のエピソードにも話はおよび、田畑美穂女

さん、草間時彦さん、桂信子さん等について、坪内さんや宇多さんは思い

出がどんどん溢れ出るような感じで話してくださいました。90分はあっと

言う間。もっともっとお聞きたいと思いました。

 

会の最後に宇多さんがおっしゃっていたお話の中に、特に肝に銘じてお

きたいお言葉がありました。

 

「今後研究する対象は、昭和初期か戦後の俳人論になってくるだろうが、

 もうこれからが最後の機会になるかもしれない。俳句を作ることは面白

いから、ついつい句作の方に走りがちだが、コツコツ調べたり地道な仕

事をする人が今後どんどん出てきてほしい」

 

また、「句史研創刊号の中に『俳句史研究の資料について・・・櫻井武次

郎』という、復刻版にしてほしいようないい記事があるのでぜひ読みなお

してほしい」ともおっしゃっていました。これについては、西田代表に「創

刊号」をお借りして(約束済み)コピーし、「読む会」の例会で近いうちに

配布したいと思います。

 

夜の親睦会ではさらに和気あいあいのムードに。すっかり打ち解けて

しまった私は、宇多さんに「読む会」の現状を話したり、母の話を聞いて

もらったりして・・・とても幸せな1日でした。(新谷亜紀)



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM